精神地平線

昨今のインターネット~流行と廃れ~情報まとめサイト~

インターネット 懐かしい

【ネットヤンキー?】ヤフーチャットの「喧嘩部屋」

投稿日:2017年12月13日

以前、Yahooよりヤフーチャットというサービスが提供されていました。

1999年~2014年にかけて15年も続いた、一大チャットサービスでした。

 

色んなカテゴリの沢山の部屋が用意されており、好きな部屋に入っては

会話を楽しむという何の変哲もない普通のチャットサイトでした。

 

しかしながらその中に「喧嘩部屋」という、ひと際異彩を放つ

物騒な名前のチャット部屋がありました。

その部屋の実態とは・・・?

 

 

 ボイスチャット

入室すると、まず怒声が聞こえてきます。

巻き舌で相手をまくし立てるような単語や、勢いで何を言ってるか分からない言葉が

次々と聞こえてきます。

 

「なんなんだこの部屋は・・・」

 

そう、その部屋名に間違いはなく、本当に喧嘩をしたい人が集まる

血の気の多い人の為のチャット部屋なわけです。

 

ヤフーチャットには音声チャット機能も搭載されており

文字でなく声での会話もできたのです。(当時は凄かった)

が、そこまでしてなぜ喧嘩を・・・?

 

 なぜ、あえて喧嘩するのか

近年ニコニコ生放送でも、「喧嘩凸」という電話やSkypeで喧嘩をするジャンルがありました。

これは喧嘩したい(口論したい)人同士が、1対1で言い争いをして

それを視聴者に見てもらうというコンテンツでした。

 

その口論というのも、論理的な議論だけではなく、単に

「悪口が強い・相手の嫌がることを言える・嘘をあたかもそれらしく言う」等

本当に中高生の”喧嘩”なわけです。

 

が、ときおり見せる上手い切り返しや、理路整然と論破をすることが

痛快であったり、感心したりして、それが面白いという声もありました。

 

 

喧嘩部屋もなんだかんだ有名で、いつも人が一定数入っており

ある意味では、人気のある部屋だったのかもしれませんね。

 

なぜチャットというコミュニケーションの場であえて口喧嘩をしたくなるのか

とても不思議ではあります。

ですが逆を通すことでかえって興味を惹かれ、そこに1つのエンターテイメントを築いた

馴れ合いだけがチャットじゃない、そういった魅力があったのかもしれません。

 

 

 

余談

ヤフーチャットのボイスチャット機能は、トランシーバーのような半二重通信であったため

交互にしか喋る事ができない仕様でした。

また自分が話すときは、「話す」というボタンをクリックし続けなければならないという仕様であったため

「話す押しっぱなしツール」というハンズフリーツールが必須でした。

 

タイピング以上に手が疲れるというボイスチャット、今思えばかなり不便ですね。

 

■古の神ツール

話す押しっぱなしツール (http://intiki.s22.xrea.com)

-インターネット, 懐かしい


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おどろおどろしいモザイクのような

【昔の画像マスクツール】GMASK

このような処理を施された画像を見たことありますか? おどろおどろしいモザイクのような独特な何か。   近年はまったく見かけなくなりましたが、 2000年頃は一部の掲示板で見かけました。 &n …

10代の頃

【2000年】当時の10代がネットでしていたことは?

Youtube,ニコニコ動画,Twitter,インスタグラム,ソーシャルゲーム・・・。 今日の10代がネットですることと言ったら上記が挙げられるでしょう。 しかし上記のサービスはいずれも、2000年頃 …

ニコニコ動画アイコン

【栄枯盛衰】ニコニコ動画はどうなってしまうのか

ニコニコ動画といえば、ネットのオタク文化を支える超人気動画サイト。 2006年の設立から現在まで、勢いとどまることを知らず 子供から大人まで楽しめる、ある意味で国民的なコンテンツサイトでした。 &nb …

【愛媛の配信者】永井先生が会社設立!その名も「永井コーポレーション」

永井先生(本名:永井浩二)をご存知でしょうか。 2002年から、ネットで動画投稿・ラジオ等を行っているネット配信者です。   2002年というと、「配信者」という言葉がまだ生まれる前ですので …

【昔のYahooやGoogle】過去サイトが見れるInternet Archiveとは

ネットでタイムスリップ気分が味わえるこちらのサイトをご存知でしょうか。 WayBack Machine (https://archive.org/web/)   なんと、過去のWebページを …

「ネットに闇はない。あるとすればそれは人の心だ。」- by誰かの言葉